2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

テレビアニメ 第868話 汽笛の聞こえる古書店 (2017年7月29日)の感想です。




天も見てるか世界の迷宮、推理全開すべてを貫く
懐かしいにおいの古書店、公園の汽笛が事件を呼び込む
たったひとつの真実見抜く 見た目は子供 頭脳は大人 その名は名探偵コナン




哀ちゃんの欲しい本は
何だったのかな?


動機が
カフェの開業資金が欲しくて
父の店を売りたかったの方がしっくりくる(笑)

父のことを身体を心配して
仕事を辞めさせたかったのね。


サラリーマンとか定年がある職業は
定年があるけど
自営業だとどこで引退するか
自分で決めるのは難しいかもしれない



親せきの店
子供や孫が継いで
高齢の親を引退させたら
すぐに認知症になってしまった

亡くなったあと
「死ぬまで店番をしてもらっていたら
ボケなかったかもしれない」
と彼女の娘がよく話しています


ネクストコナンズヒント:家族写真
元太:古本いいな
歩美:安いし
光彦:味がありますし
元太:うまいのか?

脚本:飯岡順一、能塚裕喜
関連記事

【Re: 灰原の日(詠み人知らずさんへ)】
v-343
【灰原の日】
>哀ちゃんの欲しい本は何だったのかな?

確か、サイエンス(科学)の本だったと思いますよ。
この記事へコメントする















全タイトルを表示できます
YouTube since 2010
1,000,000 views 2016
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -