2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫


テレビアニメ 第437話 上戸彩と新一 4年前の約束(2006/05/08)のBGM モーツァルトピアノソナタ ハ長調 K.545 第2楽章 です。


0.02あたりで流れます(笑)
放送を見た日から、7年越しにやっとできました!13歳のときピアノの発表会では第1楽章から第3楽章まで弾きました。

楽譜はここで無料でロードできます。
http://imslp.org/wiki/Piano_Sonata_No.16,_K.545_(Mozart,_Wolfgang_Amadeus)

第2楽章ト長調(#1)
楽譜の左端の臨時記号は♯1のままですが、途中で、♯2のニ長調や♭2の変ロ長調(ト短調)に転調していることに今頃、気がつきました。
譜面には、その都度♮や♭や#が書きこまれてます。
子供の時、臨時記号を1個ずつ別々に暗譜したけど、今、思えば、一定の小節の間は全部ニ長調や変ロ長調で、たまに臨時記号と覚えた方が効率的だったのね!

いや、暗譜のためでなく、転調の為に臨時記号がついている音と、そうでないメロディの半音変わる音色では、ちょっとした違和感が違うから、それを大事に弾ければカッコ良かったのに!

先生は音大生(男)だった。
単調にならないように、感情とか考えてとか注意されても、どうしたらいいかわからなかった。
今は、平穏無事・ちょっと高揚・悲しい・無常とか・激しくとか、思い浮かぶイメージはありすぎて困るくらい。
ただし、表現できているかわかんないけど。

この曲、本当は、この長さの2倍だけど、リピートをカットした。
それでも、最後の方になるとスタミナがもたなくて、手がつりそうになってくる。左手の4つの粒がそろってない。



譜面台のチラシは、神戸市立博物館で開催中の「プーシキン展」のものです。あちこちにロシア語があって、懐かしかった。

プーシキンのエブゲーニーオネーギンを今読んだら、どんな気持ちになるのかな?原作は散文でなく、「14行詩」で全部、音(イン)を踏んでるから、朗読すると音楽みたいにキレイなんだよ~ただし、ロシア語で読んだら(笑)
関連記事

【Qきちさんへ】
毎日、ごめんね!Qきちさん!

> おおお!この曲か〜!
> 確かに手が疲れる気がする〜!

疲れたよ(笑)

> チラシの絵とちょうど合ってる感じです〜♪

何を飾ったらいいかな?ネタが尽きてきた!

> でも、上戸彩ちゃんのお話はほとんど覚えていないのです。(^^;

私も詳しい内容は忘れてました!

> 第一〜第三楽章まで発表会で弾いたの!?
> すごく長い気がするけど、それが普通なのかな??

中学生や高校生は、もっと、長いのを弾いてた~

> 大学生が先生だったの〜?

そうよ!最初バイトで、途中で、中学校の音楽の先生になったけど、私は高校受験でやめちゃったのよ!

> 私は個人宅でおばさん先生・・・今の私よりはたぶん20歳くらい若いと思うけど(笑)・・・だったけど、決められたものを弾くより、自分勝手にTVで聴いた曲を弾くのが好きだったなぁ(笑)。
> お話にBGMつけたり。

そのころの先生にしたら珍しい!今は結構好きな曲を練習させてくれる先生が多いけど、昔はバイエルとか決まりきってたような・・・都会の先生は違うのかな?

> ・・・ま、誰しも一度は通る痛い道ですね(笑)!!

昔話を聞いてくれてありがとう!
それにしても、この曲はこどものとき暗譜したから覚えていたけど、新しい曲は、次の曲を練習したら、もう忘れて弾けない。悲しい・・・
【昔話(^^;】
こなんちは!

おおお!この曲か〜!
確かに手が疲れる気がする〜!

チラシの絵とちょうど合ってる感じです〜♪

でも、上戸彩ちゃんのお話はほとんど覚えていないのです。(^^;

第一〜第三楽章まで発表会で弾いたの!?
すごく長い気がするけど、それが普通なのかな??

大学生が先生だったの〜?

私は個人宅でおばさん先生・・・今の私よりはたぶん20歳くらい若いと思うけど(笑)・・・だったけど、決められたものを弾くより、自分勝手にTVで聴いた曲を弾くのが好きだったなぁ(笑)。
お話にBGMつけたり。
・・・ま、誰しも一度は通る痛い道ですね(笑)!!
この記事へコメントする















全タイトルを表示できます
YouTube since 2010
1,000,000 views 2016
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -