2020 / 08
≪ 2020 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2020 / 09 ≫

この星この星
(2002/04/02)
林原 めぐみ

商品詳細を見る

なぜ、2002年に出版された本について書いているかというと、

名探偵コナンラジオで林原めぐみさんのしゃべるのを聞いてたら、彼女の書いた本を読んでみたくなったから。

2002年3月30日初版……彼女の35歳の誕生日だ!



「のほほん」「逃げる」「この星」「桜梅桃李」の4つの短いお話が載ってます。彼女の日常?小説?詩?夢?なんかいろいろ…

ラジオならリスナー、本なら読者、情報を受ける対象を絞る(コナンファン向けとか、リスナーの受験生向けとか…。)のが普通なのに、この本は、あまりそういうことを意識せずに書いたのかな?って気がした。

全部、隣のページに、英訳つき。彼女のファンは世界中にいるんだから。Good idea!
日本語わからない彼女のファンにいい!でも、この本の存在が海外に知られているのか疑問です。

写真も林原さんが撮影したもの。飛行機から撮った写真が多いな~と思った。



青い文字は引用です。

【のほほん】
がまんの訓練ができると
あれこれなんでもほしいと思わなくなる
目の前にあるもので満足しようという思考ができあがる
ほしいものがありすぎると人は不安定になる
今に満足すれば人は安定する
のほほんていうのは
そういうことだ


ここまで、読んで私(=月夜つきよさん)は、向上心がなくなる、こじんまりとしちゃうと思った。そしたら、次のページに

それは決して向上心がないということではない
とのことです。
(林原さんの)父が「のほほん」の生き方のお手本。母は、まだまだ「不安定」
すでに何かをやり遂げてきたことが前提で、もはや個人にはどうにもできないことには、いちいち動じない心を持つということなのかな……



【逃げる】
私は4つの話の中でこれが一番よかった!

目の前のことで精一杯で
まあ、それがいいのか悪いのかわかんないけど
暇はよくないよね
考えばっかり大きくなって動けなくなるから




【この星】
私にはちょっと抽象的すぎる…



【桜梅桃李】
タイトルの4文字熟語の意味を忘れてたけど、これを読めば思い出せました(笑)

だれかになろうとしてもなれない
だれかをうらやんでもなれはしない
まず自分らしさを大切にといったところだろうか……


たまに忘れてるので私に言ってほしい言葉だわ~
あ!この本を読み直したらいいんだ!

この記事へコメントする















全タイトルを表示できます
YouTube since 2010
1,000,000 views 2016
1/11 2/9 3/10 4/8 5/7 6/6 7/5 8/4 9/2 10/2 10/31 11/30 12/30
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -