2009 / 03
≪ 2009 / 02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2009 / 04 ≫

確かにコナンはベルモットの上着をかぶせられてます(笑)
Image902.jpg
お待たせしました。

kitatomyさんがコメント欄で予告されていた新発見です(笑)

以下、青い文字は全てkitatomyさんの原文どおり

愛と感動のベルモット編(42巻FILE10)

よくよく見てみると、あの車中で、ベルモットは銃弾を2発、発射しているよう
です。
あばら骨の傷みだけでは眠りに陥るのを防ぐことは難しい、眠そうなベルモット
が描かれています。
そこで銃弾を使います。

1発目

コナンが目を覚ましてみると、機械が壊れているじゃあないですか。ピストルで
破壊されたに違いありません。

2発目

眠りに陥る前に、最初の銃弾で機械を破壊して、2発目でおそらく自分の左脚の付
け根部分を撃ったのです。

その証拠にコナンが目を覚ました2カット目、ベルモットが座っていた座席の上に
血溜まりらしきものがあります。

またベルモットがうずくまっている電話ボックスのシーンでも左脚の付け根に何
かあります。小さくてわかりませんが、何かで縛って止血しているように見えま
す。彼女は左ききですから当然左脚を撃ったのです。

さあ、今回私が一番感激した発見は、ベルモットが着ていた上着がコナンくんの
上にかけらていたことです。そんなこと気がついていたと言う方もいらっしゃる
かもしれませんね。私は全然見てませんでした。

ベルモットは、自分の脚を撃った激痛の中にあるにもかかわらず、車を出ようと
した時に、コナンくんの寒そうな姿を見て、わざわざ上着を脱いでコナンくんに
着せかけてから車を出たのです。

ベルモットのコナンに対する行動は、母親のような、また恋人のような愛情から
発したと言ったら大げさでしょうか?
ベルモットがコナンくんの顔に近づいた時の表情は誰にも見せたことのない穏や
かさ、。まるで聖母のようです。


以上



ここからは、月夜つきよさんのコメントです。

私は、これが連載された頃少年サンデーを読んでませんでしたし、テレビ放送されたときもまだコナンのことを知らなかったので、まとめて読んだり見てるものだから、さっぱりわかってませんでした。

最初コミックスを読んだ時は、コナンとベルモットが一緒に眠ってしまって、ベルモットのほうが最初に目が覚めたんだと思っていました。ベルモットが電話ボックスでジンに助けを求めているのは彼女が言っているとおり、赤井秀一にあばら骨を折られたからだと思っていたし・・・・

しかし、

24巻あたりでジンに麻酔銃が利かないのは銃で自分を撃って覚醒させているということをどなたかに教えてもらってから、あ?ここも、ベルモットは自分が眠らないように銃で撃ったんだな?阿笠博士が聞いている銃声もその音だったのだとわかりました。

また、

私は、細かいことはあんまりわかっていないくせに、ベルモットはコナンのことを大事に思っていると思い込んでいます。

ベルモットは新出先生に成り済ましているときのバスジャックの時、コナンのことを身の危険を犯しててもたすけているし、下手したら自分が殺されるのに黒の組織の人間にウソをついてまで、コナンを守っています。

だから、コナンに上着くらいはかけてあげるのは自然なことなんです。

コミックスのコマには、ないけど、眠ってるコナンをギュッと抱きしめたかもしれない(大笑)

本題!

私は、今回読み直してもまだわからないことがあるんです。

この心電図モニターの電極のついた録音機のことです。

これは、コナンが殺されたり、機械が壊されたりすると、ボスのメルアドがコナンの仲間に知らされてしまうということですが、それなら、
どうしてコナンが寝てる間に機械を壊しても大丈夫だったんですか?

だれか教えてください。

スピノフ会のときも話題になっていたようですが・・・私は頭がついていってませんでした。よろしくお願いします。

20090327222820
キャー!

王子様新ちゃん!

ここだけでも充分シアワセ!



まだ半分だけど、

実家だから大声で笑えないけど、

自宅の録画とれてるか心配だけど、

めっちゃ楽しい!

IMG_convert_20090323230630.jpg
3月22日(日)にQきちさんが横浜で開いてくださった集りに参加しました。
そのときに、皆さんに書いてもらった色紙です。

詳細はまた、少しずつ書きます。

横浜駅で解散してからですが・・・

私は、新横浜から新幹線です。横浜から新横浜は、地元の人には迷いようがないのでしょうけど、私は、乗換えがよくわからないので、なつばてコナンくんとみゃぎこさんが送ってくれました。

おふたりは、新横浜からさらにJRの在来線で帰らないといけないのに、わざわざ電車から降りて、新幹線の乗り換え口まで送ってくれました。

口では大丈夫とか言ってましたが、不安だったので、とっても心強かったです。

そのうえ、とても風が強かったので、新幹線が遅れていないか表示を確かめてからお別れしました。

本当にありがとうございました。

私以外の皆さんの方が在来線の混雑した電車で立ったまま長時間帰らないといけないだろうに・・・。私は指定席ですから、ゆっくり座って横浜から京都までたったの2時間です。

家に着いたら、ちょうど12時でした。

家族は、みんな寝てました。

でも、テーブルの上に、13弾の映画の宣伝用のちらしが置いてありました。

私が遊びに行っているあいだに、ケロロ軍曹を見に行くと言っていたので、きっと映画館で見つけたんだと思います。

子供が持って帰ってきた証拠に、くしゃくしゃになってましたが、とっても嬉しかったです。

20090318103935
散髪に息子を連れて行ったら、店に飾ってた。

私は見てるだけで黙っていた。

息子:お母さんはコナンが好きやねん!

店の人:どうぞ。


私って幸せな人やねぇ。

3月14日(土)の日経新聞の夕刊に書いてあったから、メモしたいだけ。

男の子の使命、おとこ気を熱くするのが「マガジン」

等身大の少年の悲喜こもごもを描くのが「サンデー」


コナンは等身大なんかな???

「マガジン」は、98年に450万部、現在177万部

「サンデー」は、83年に228万部、現在87万部


87万分の1は、私やなぁ・・・

「若い人は次々と離れる。部数を思うと上の年代狙いにもなる。50歳でも心が少年なら、とは思うが」と苦渋の表情。

40代でも心が・・・またかぁと言われそうなので、辞めます・・・

今日は、13日の金曜日ですね?

落し物をたくさんしてしまいました・・・

ひとつめ・・・ハンカチ・・・

仕事を一緒にさせてもらっている同僚から、メールが来ました。

コナンのハンカチが落ちていたんやけど、つきよさんの?

わ?名前も書いてないのに「コナン」だったら私のってわかるの!!!



幼稚園に子供を迎えに行きました。すると、幼稚園のお迎えのカードを電車に落としたみたいで、これまた、幼稚園に電話がかかってきたそうです。これがないと、おかあさんの私でも、子供を受け取ることができません・・・また、慌てて、取りに行きました。



さらに、お仕事をするときの身分証明のカードも落としてしまいました。

これは、歩いている時に、後ろのヒトが拾って教えてくれました。



ちょっと、あまりにもひどいですよね?気を引き締めなければ?



ひとことだけ・・・

さっき、今週のコナンの録画を見たんですけど、お通夜のときのお経が聞こえるようなところで、携帯電話に出て、通話するなんて!最近、お通夜に出た私としては、アンビリーバブル!司会のヒトが携帯の電源はお切りいただくか、マナーモードにしてくださいとわざわざ言ってました。

しかも、お通夜に行かなければならないような間柄だったら、まず、電話に出たときに、**さん(**さんの親)が急に亡くなってなぁとか、絶対、妻に言うよ!

居留守を使うための手段だったとしたら余計に、ウソの名前でも**さんの**が亡くなってな?いつも世話になってるから通夜に出とこうと思ってとか、明日の葬式は出れそうにないから、通夜に行くことにしたんや!と先に言うよ?

ひとりごとでした・・・

今、このブログの左の上、私のイラストの上あたりに

「ルパンVS名探偵コナン」
放送まであと*日と*時間*分*秒


流れる電光掲示板みたいに表示されていますか?



『あと*日』という日付だけのカウントダウンは見るけど、『*秒』までの表示はあまり見たことがありませんでした。それに、私が知識がないので、自分のブログに表示させる方法がわかりませんでした。

FC2ブログは私のような素人でも簡単に表示させることができる既成のテンプレートやプラグインが提供されています。

その既成品?をなんと!私のブログをいつも閲覧してくれているaithemathさんが作ってしまったそうで・・・FC2の共有プラグインの追加というところを見ていただいたら、すぐにダウンロードできます。

FC2のブログを利用している方、ぜひご覧下さい。

それから、作ってほしいようなプラグインとかテンプレとかaithemathさんにリクエストしたら、きっと、いつか作ってくれるんじゃないかと思います。

aithemathさんに確認を取ったわけではないのですが、おそらく大丈夫でしょう・・・

カウントダウンの出来が良いのか悪いのか私には専門知識がないのでわかりませんが、ダウンロードされている数の伸びをみれば、驚きますよ!ニーズがあることの証拠ですからね?


▼続きを読む▼

少年サンデー13号に映画の試写会4400名ご招待と書いてあります・・・

大阪は、御堂会館だな?

懐かしいなあ?

札幌・東京・名古屋・大阪・福岡とあるみたいだよ

締め切りは3月11日(水)やね?まだの人は応募してみたらどうでしょうか?



昔・・・20年前くらいのころ・・・

私の勤めている会社は宣伝のために試写会をよく主催してました。御堂会館も利用してました。確実にヒトが集るし、映画上映前に会社の宣伝できるから。

確実にというのは、駅の看板などの広告料を払っても誰がみるかは不特定多数だけど、試写会の宣伝は、ターゲットの消費者を多く当選させれば効率良く宣伝できるでしょう。

私の勤めている会社のターゲットは、女性の会社員(20代くらい)だったから、そういうヒトが見たい映画を選んで試写会をしたし、当選させるのもそんな人だった・・・

だから、私は、今でも抽選に応募するときは、その会社がターゲットにしているだろう消費者をイメージして応募ハガキを書きます。それにコメントとか書くべきだと思う。その会社にとってほしそうな情報は・・・絶対、担当者は読んでいるよ。わたしも読んでたし・・・・

一番、難しいのは、何人当選させるかだった。会場に入る人数であることは確かですが、当たっても来ないヒトが必ずいるので、その分水増ししないといけないんだけど、水増ししすぎて、はいらなくて、立ち見になって平謝りしたこともあった・・・逆に雨だったり、人気のない映画でヒトが集らなくて空き席が目立ったりすると、社長に怒られるし・・・

新作映画の試写会は、会社の宣伝広告のための試写会とはまた異なるのでしょうけれど、やはり、小学館に応募するのであれば、サンデーの感想や、小学館に望むことをコメントつけて応募するのが、当選する確率をあげるための鉄則だと思う!



会社員のころ映画は試写会で見るものでした(笑)だって50円で見れるから・・・

そのころ、レンタルビデオ屋さんもないし、DVDなんてこの世になかっただろうし・・・でも映画は高いし・・・

だいたいペア(2名)で当たるんですよね。職場から御堂会館まで歩いて10分くらいだった・・・映画は18時30分から始まることが多かった。

私の勤める会社は18時が定時だったけど、急に残業せざるをえないときもあった。

すると一緒に行くヒトに待ち合わせの時間に遅れることを連絡のしようがないんです。携帯がないから・・・

今だったら、列に並んで席についてからでもメールで知らせられるだろうけど、それができないから一生懸命待ち合わせの場所を工夫したり計画を立てたものです。



それから、映画の内容を今だったら、ネットであらかじめ調べられるでしょうけれど、そのころ手段がなかったから、懸賞で当たったものの、内容を知らなくて、同僚と見に行ったら、とってもエッチな内容で目のやり場に困ったこともあったな?



試写会当たるといいな?

街中で・・・

聞き覚えのある前奏が流れてきて・・・頭の中で高山みなみさんのOP冒頭のセリフが浮かんできたと思ったら、NaifuのMysteriousだった・・・

MysteriousMysterious
(2008/11/19)
Naifu

商品詳細を見る
私はテレビのOPでしか聞いたことがなくて、フルコーラス初めてだった。

一生懸命聴こうとしたけど、ざわざわしてるし、耳が悪いのでセリフとかよく聞こえなかった。

間奏は割りと普通な曲やね?



私が勝手に思っていることですが、これはコナンの曲として依頼されて作曲されるんでしょう?

『時計仕掛け』なんて言葉は、きっと、ナイフさん?にコナンのことを知ってもらううえでも資料に映画のタイトルとして載ってるから、ほうりこんだ言葉のような気がするんです。

要するに「時計仕掛け」=タイマーでしょう?違いますか?

タイマーをセットしていなくても、毎日タイマーをセットしているかのように時間内でしないといけないことばっかりで、時が過ぎていきますね。

歌詞は、http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B31929
麻酔のようなshowっていうのも何なんでしょうね?

意識を失っているうちに=心ここにあらずのうちに何かしてしまうってことなのかな?



全タイトルを表示できます
YouTube since 2010
1,000,000 views 2016
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -