2007 / 08
≪ 2007 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2007 / 09 ≫

私、浮気されたくないから、お気に入りのサイトを紹介しないのですが、今回、おふたりも、海外に住んでいるため、サンデーの入手が困難とのことなので、暴露してしまいます。20070831171726


http://www.geocities.com/miyanosama/
注目すべきは、サンデーのセリフを、全文、英語に翻訳して掲載しているのです。もちろん、日本語も・・・
>>Old Pages>>Text Translationのところで、表の左のFILEナンバーをクリックしたところです。最新号には、ちょっと遅れてるけれど、コミックス58巻より、進んでいます。

日本で放映されているアニメのことも、ブログに書かれているので、日本在住なのかもしれません。こまめに更新されており、今週の「黒い写真の行方」も、既に書かれています。

ハンドルネームは、たぶん、miyanosamaさんだと思います。きっと、宮野志保のファンなのでしょう!ネイティブな日本語を話される方なら、自分の名前に、サマをつけるかな???とちょっと不思議なのです。この管理人様は、英語と、日本語と、アラビア語も堪能みたいです。すごいですね!

私が、泣いて喜んでしまうのが、LinksのJapanese sitesに、月夜のメモワールが・・・・

MIYANOSAMAさんが、私のブログを読んでくださっているのかどうか、わかりません・・・

MIYANOSAMAさん!リンクを張ってくださって、本当にありがとうございます。日本語のわからない、コナンファンのかたにとって、本当に、有意義なサイトだと思うので、更新、大変だとは思いますが、応援しています。

フレッシュチーズケーキをいただきました。
20070830230001
ハウステンボス行きたいなあ・・・もちろん、「ハウステンボスの花嫁」にひたるツアーとして・・・感想は、こちら

私:ホテルヨーロッパに泊まったんですか?
お土産をくださった方:予約が取れなくて・・・佐世保に・・・
私:ギヤマンミュージアムは?
お土産をくださった方:良かったよ?よく知ってるね!広すぎて、一日では、周りきれないわ?でも、自転車でも廻れるみたいだから、行く時は、工夫して!
私:(コナンも座って、足を伸ばしてペダルを踏んでたなあ・・・)へえ!そんなに広いの?実は、**さんとチューリップの頃にいくつもり・・・(アフロディーテとプシュケの噴水は絶対チェック!カロヨンシンフォニカに、花嫁さんを閉じ込めた場所があるか見てみたい・・・・頭は、「ハウステンボスの花嫁」でいっぱい・・・)

今晩は、なぜか、私以外男三人は、10時前から、寝てしまったので、ひとりで食べるわけには、いかないので、写真にとったり、ブログを書いたりする暇があります・・・

だから、味は、わかりません・・・

妊婦さんが救急車で、受け入れ先がなく・・・悲しい事故がありました・・・

ニュースは、夜間救急のたらいまわしの責任を追及する論調だけど、あまりにも、おかしいと思うので、書いてしまいます。

1.妊娠しているのに、受診していなかったことが、第一の原因だと思うのです。

妊婦さんが、もし、受診していたら、その病院、もしくは、その病院が受け入れ先を紹介してくれるはずですものね。妊娠したら、初期の段階で、一番大事な人間の体の部分が作られるときなんだから、栄養とか、いろいろ、注意して過ごしてほしいのです。もっと、言えば、妊娠するつもりなら、葉酸とか、必要な栄養をとって、身体を準備するくらいであってほしい。

2.受診していたとしても、病院が開いていないような夜中の時間帯に、仕事なんかで、やむを得ず、出かけないといけないとしても、緊急のときに、受診してもらえる病院の電話番号は肌身離さず、持っていて欲しい。

3.夏でも、おなかや足を冷やさないようにとか、最大限の注意をはらってほしい。

4.妊婦自身が、未成年だったりして、知識や、自覚が、なかったとか、結婚してがなかったとか、望まない妊娠だかったとか、いろいろな事情がある場合も多いでしょう!

家庭や、学校教育で、若いときから、婦人科を、受診しやすいような、環境を整える方が大事だと思う。

私も、未婚の時に、とても具合が悪くて、産婦人科を受診する必要があると、自覚してから、実際に受診するまで、とても、敷居が高かったです。病気でさえ、受診しがたいのだから、もし、望まない妊娠や、性病なんかで、受診するとなったら、もっと、大変だと思うので、もっと、女性が、10歳くらいから、歯の検診を受ける感覚で、婦人科に受診できるような環境だったら、いいのにと思います。例えば、ドラッグストアで、気軽に相談できるようにするとか・・・

5.救急車は、絶対絶命のときしか、呼んではいけないと思うのです。まわりまわって、本当に助かりたい時に、助けてもらえないと思うからです。

救急隊員の方は、高度な知識を持ったプロで、親切です。そんな人たちのモチベーションを下げるようなことはしてはいけないと思います。私は、一度、救急車を呼んだけれど、来てくれた時は、もう既に、息を引き取っていたということがありました。そのとき、本当に、優しく、この方が、亡くなっているのがわかりますか?病院で手当のしようがないときは、救急車では搬送できないのです、と説明してくださいました。その話し方が、決まりきったことを説明するみたい口調ではなくて、私を慰めるような、とても、ココロのこもった話し方だったことが忘れられません。

そんな人たちを、病院までの輸送手段としてだけのために使っては絶対いけないんです。

6.救急車を呼ばないといけないかどうか迷う場面に遭遇することがあると思います。その時は、119で、聞いてみるのもいいかもしれません。長男が、1歳の時、コンクリートの角で頭をぶつけて、血を流して泣いていたことがありました。血が噴出していたので、気が動転しましたが、泣いているということは、意識があるということです。119番で聞いてみると、一番近くの急患を教えてくださって、電話してから、行った方がいいとアドバイスもしてくれました。一番いいのは、そんな相談ができるヒトが近くにいたら、安心なんですけれどね!

少年サンデー36・37号 FILE619 疑惑の瑛祐 の感想をちょっとだけ!

以前、海苔っこさんに頂いたコメントへのお返事も書いてます。

▼続きを読む▼

私は、残念ながら、雲ばっかりで、ほとんど見えなかったです。

子どもが、ベランダでずっと見張っていてくれたので、皆既月食になっている「ボーっと赤い」おつきさまが、ちょっとだけ見えましたが、子どもに見せたかった、欠けていくところや、満ちていくところが、全く、見えなかった・・・・

次回の皆既月食は、6年後(実は、間違いでした)と、思い込んでいたので、息子に、何歳かなあ?と聞くと、14歳だから、(結界師の)良守といっしょやあ!とのこと。

お母さんと、キャーキャー言いながらは、見てくれないだろうなあと思うと、昨夜、見ることが出来なかったのは、とっても残念!



山の郵便配達 山の郵便配達
トン・ルゥジュン、リィウ・イェ 他 (2002/05/24)
パイオニアLDC

この商品の詳細を見る
この映画が日本で公開された頃、まだ、パソコンも持ってなくて、ラジオばかり聞いていました。桂南光さん(私、結構、好きなんです)が、この映画を大絶賛していて、ゼッタイ、見に行きたかったけれど、乳飲み子がいて無理でした・・・

その後、市の中国語講座を半年、無料で講習できる抽選に当たった時のクラスメートが、ヒアリンクのためにも、薦めてくれたのに、手に入らなくて、忘れていたら・・・

*さんが、ブログで、書かれていたので、3度目の正直、この機会を逃したら、見れないと、腹をくくって、探しました。


前置き、ながすぎ?以下、私の、備忘録・・・ネタバレしてます

▼続きを読む▼

全タイトルを表示できます
YouTube since 2010
1,000,000 views 2016
1/21 2/20 3/21 4/19 5/19 6/17 7/17 8/15 9/14 10/14 11/12 12/12
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -