2007 / 01
≪ 2006 / 12 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2007 / 02 ≫

本田美奈子:アメイジング・グレイス
少年サンデーを読んでいない方にはなんでー!と思われそうですが、白血病で亡くなった本田美奈子さんのことを書きます。

少年サンデーのことだけ読みたい方は、一番下のOpen moreへどうぞ

***

追悼番組を見て、にわかファンになってしまった私ですが、彼女の歌うアメージンググレイスを聞くと、鳥肌がたちます。臍帯血輸血が成功した時に、感謝の気持ちをこめて、看護士や医師の前でうたったのを看護師の一人が録音していたそうです。

なにより、私とほとんど同世代にして、あの美しさに、あの歌唱力に、人柄を知るにつけ、こんなに医学が進歩しているのに、あんなに若くして命を落とさなければならないことに深い悲しみを感じました。同時に、自分も健康には気をつけないといけないなあと反省します。

彼女は、岩谷時子さんと出会っています。
岩谷時子さんは、愛の賛歌、アメージング・グレイス・・など・・外国語の名曲を、訳詞されています。日本語にただ、うつしかえるというだけでなく、あらたにそのメロディから得たインスピレーションで浮かんだことを日本語で新たに作詩しているとしか思えない・・・
日本語の歌詞が良いからますます、歌がステキになっていると思えます。

英語を自分のものに出来なかった私の言い訳なのかもしれませんけれど、やっぱり、私は日本語で物事を考えていますので、英語の歌詞で歌えて、意味を知っていても、もひとつ、感情が込められないのです。

岩谷時子さんの「詩」によって、外国の素晴らしい曲を日本語で心のそこから堪能できることが出来ると私は思うのです。

以下、少年サンデー9号 FILE596 2本目の糸 の感想です。


▼続きを読む▼

アニメの感想は、又、後日に・・・ひとことだけ・・・音楽の力ってすごいですね!本堂瑛祐君が、黒の組織の人のように見えてきます(大笑)

日曜日に、アクセス数が20,000を超えました。たくさんの人に来ていただけて私は幸せ者です。

以下、ため込んでいる アニマックス再放送 第37話 サボテンの花殺人事件 の感想です。


▼続きを読む▼

ブログで書きたいことのメモ
1.次世代WHFの高山みなみさんのステージ・前売り券についていたクリアファイル・購入したグッズのこと
2.息子が落し物箱でひろってきた?コナンのティッシュのこと
3.アニマックスの感想6週間分
4.月曜アニメの園子の赤いハンカチとガチガチ男の感想
5.消えた1ページで思ったこと・・・2つくらい
6.東野圭吾さんと石田衣良さんの本を1冊ずつ読んだので感想
7.名探偵コナンにおける「秘密」について・・・
8.本堂瑛祐のことを中心にきちんと原作を読み直したい。

ブログに関してしたいことのメモ
1.バナーを作って、コナンサーチに登録する。
2.既に家にあるのに使い方がわからないデジカメとスキャナー付のプリンターの使い方をマスターする。

できるところからということで・・・

アニマックス再放送 第36話 月曜夜7時30分殺人事件 の感想です。


▼続きを読む▼

少年サンデー8号 FILE595 鴉の唄 の推理の続きですが、昨日の(その1)を前提に書いているので、そちらから先に読んでくださいね。

かなり長いです。

▼続きを読む▼

暢気に観覧車に乗っている場合ではなかったのですね!

月曜日のアニメのことでまだまだ書きたいことがあったので、荷物は重いし、サンデーを買うのは明日でいいかと思いつつ・・・やっぱり買ってよかった・・・

少年サンデー8号 FILE595 鴉の唄 の感想です。


▼続きを読む▼

20070125124148

座席の下に爆弾がないことを確認しました(笑)

梅田の赤い観覧車です。とっても良い天気でポッカポカです。

長男は4歳まで一人っ子でしたからあちらこちらに連れて出かけましたが、次男は、兄の行事や私の仕事のせいで犠牲になっているので罪滅ぼしに、今、二人で観覧車に乗っています。

観覧車が出来てすぐ乗ったときは、長い行列で待った記憶があるのですが、今日は平日の昼だからか?貸切状態でした・・・


禁煙マークを見て、松田刑事はいいんだよ!と思ってました。

オリジナル作品で、脚本が梶原阿貴さんとありましたが、今まで見た記憶のないお名前だったので、少し調べたら、女優で、脚本家の方みたいです。お名前の阿貴さんが珍しいので、たぶん同姓同名ではないと思いますが・・・

映画「櫻の園」でデビューしたそうです。
私、その映画は残念ながら知らなかったですが、櫻の園といえば、チェーホフの作品ですよね!彼の作品を片っ端から読んだ時期がありました。櫻の園は日本でも有名だけど、「中2階のある家」「犬を連れた奥さん」「かわいい女」とか本当に心に残る作品がいっぱいあるのですよ。

特に、今でも、忘れられないのが、『かもめ』です。梶原阿貴さんも、櫻の園を演じて、女優で脚本家なら、きっと読んでおられるのではないかと思う。

私が、20歳のころに読んだのですが・・・

トレープレフの方がより、自分の状況を正確に自覚しているのでしょうが、私は「ニーナ」のような生き方をしたい!と感じていました。彼女の方が、自分の置かれている状況とか見えてないのでしょうし、そのせいで、背負わなくても良い苦労を背負い込んでしまうことになるのかもしれないのだけれど・・・・でも、 「ニーナ」の生き方にあこがれました。

あれから、**年・・・

今、読み直したら、どう思うのかな?読み直したい気持ちはありますが・・・

大事なことを書くのを忘れるところだった・・・感動的な親子のお話を書いてくださった梶原阿貴さんのオリジナルコナン作品をまた見たいです。

▼続きを読む▼

最近、仕事続きました。毛利小五郎さんみたいに、依頼があるときだけなのですが・・・(笑)

3歳の子供を保育所に預けてから出勤です。靴を履くのも上着を着るのも抵抗して、保育園に行きたくないと大泣きでした。こんな朝は初めて!予定がない日でも、先生のところに行きたいと・・・言っていたのに、今日の抵抗は尋常ではありませんでした。

仕事の資料のカバンと、保育園で昼寝するときの布団や着替えも持っていくので半端でない持ち物があるのに、歩こうとしないから、片手で、19キロを抱えて無理やり自転車の後ろに乗せました。走っている間も大泣きで保育園に着いたら顔が涙だらけで・・・

私、子供にこんな思いをさせて、どうして仕事にいくのかしら?

・・・・・

私の話を2時間、聞いてくださった方に最後にいつもアンケートを書いてもらうのだけれど、今日は「最新の情報が知れてよかった・・・」「自分が契約している内容を誤認していることに気がつくことが出来た・・・」と書いてくれている人がいて・・・準備は大変だけどやっぱりやっていてよかった・・・

22日(月)テレビアニメ 第460話 消えた1ページの感想です。

お・も・い・で
どんなときも僕はいつも君のパートナー
聞き取れず・・・
たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン


図書館の貸し出しのカードが本の後ろにあるような図書館は今でもあるのかな?息子の小学校でも、バーコード管理のようですよ。

私が学生のころは、完全に貸し出しカードの時代でした。開架図書の棚で
カードに知っている人の名前を見つけて「あ?あの先輩もこの本を読んだのか!私も読もう!」とかいう本の選び方が出来た時代でした・・・なつかしい!

アレックの冒険のお話を説明しているときにかかったピアノ曲の「哀のテーマ」ですよね!私のブログを検索してきてくださる方の中にも、この「哀のテーマ」のピアノの楽譜を探しておられる方多いみたいです!OPやEDではないけれど、楽譜出版してくれたら良いのにね!というか、もし、手に入るのであれば私も欲しいです。

再来石・・・どんな石なのでしょうね!

つかさ君のお父さんは焼き鳥屋さんで奥さんを亡くしたようですね。

脱線しますが・・・

焼き鳥屋さんということは、おそらく、自営業者だから、国民年金に加入しないといけないし、奥さんも他に勤めていなければ、国民年金です。

国民年金に加入していて、夫が亡くなって7歳のこども一人と妻が残されれば、子供が18歳になる年度末まで、年間約100万円の遺族基礎年金が支給されるのです。

なのに、

つかさ君のようにお父さんと子供が残された時は何もでないんだよ!不公平でしょ!お父さんが生きているから収入は確保されるはずという考えに立っているのでしょう。

焼き鳥屋さんをもし、つかさ君のお母さんが手伝っていたとすればれっきとした働き手ですし、自営業の手伝いをしていなかったとしても子供が小さいうちに母親が亡くなれば養育を補助する費用がかなり発生するのにね!

お金の話なんかしてごめんなさい・・・でも、年金制度は父子家庭には厳しいと言いたかったのです。


砂浜に再来石が落ちていて・・・夕日をバックにしたコナン君ステキ!


コナン:司君が取り戻したいと思ったもの・・・それは
あゆみ:お母さん
コナン:そう・・・司君は石の力を借りて亡くなったお母さんを取り戻そうとしたんだよ。


寄り添う歩美ちゃん・・・そんなしっかりした1年生はいないぞ!

海辺の広い砂浜を見たからといって、相撲をする子も少ないだろうなと思って自分から笑おうとしなければ、このあたりは涙ぼろぼろで見てられないです・・・

****************
コナン:黒の組織、登場。
元太:全部の色がまざってんだな。
光彦:それじゃ、色の組織です。
****************

脚本:梶原阿貴
作画監督:小林一三


投函してきました

今日の0時過ぎにブログを書いて更新しようとしたら全く送信できなくて、自分のブログにも全く接続できませんでした。

他のFC2のブログを閲覧することが出来るのにどうしてだったのかしら?
書いたものも消えてしまった。ショック。下書きすればよかった・・

15日(月)テレビアニメ 第460話 1年B組大作戦 の感想です。

と・も・だ・ち
どんなときも僕は君のパートナー。小林先生行方不明。1年B組みんなで行こう。
たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン。


諏訪道彦さんの日記で、番組中の音楽がリニューアルされると知って、毎日コナン好きと言っておきながら気が付かなかったらどうしようと心配していたけれど、息子達もタイトルコールの時、キャーお母さん変わってる!と叫んでました。

コナン君は「暗号」を解いてかっこつけたいのをよく我慢したね!えらい!

坂本君の筆箱の中

**(息子の名前)君と全くおんなじやん!と息子に叫んでました。鉛筆削りを家に忘れてきたという坂本君の方がまだいいです。息子はどこに忘れてきたのか、ランドセルの中なのか自分の持ち物のありかを全く把握しておりません・・・

親がチェックして助けてやるといつまでたっても出来ないかしら?放任過ぎても学習できないかしら?と、眉間にしわが増えるほど毎日悩んでます。でも、当の本人は優しい女の子に借りてるみたい・・・

給食を楽しみにしているのも元太君とそっくり・・・時間割は見ないとわからないのに、給食のメニューは暗記してる。しかも、材料まで書いてあるのを、いちいち解説してくれます。早く食べてお代わりできるかどうかに情熱をかけてます。

まりあちゃんは関西から関東へ引越したようですが・・・

我が家は昨年の今頃、転勤の内示が出て(関西→関東)私は、生まれてらずっと関西なのですごく不安で、経験者に情報収集してました。子供は学校があるから、すぐとけこめるらしいのですが、お母さんは、お父さんの転勤のために仕事も辞めて、今まで築いてきた近所の人間関係をいちからだから、一番大変だと思う・・・まりあちゃんのお母さん大丈夫かな?

それに、東京に行くと、話している言葉が、気取っているように感じて、関西人の私には少しバカにされているような気がするものだから、慣れるのに大変かなと・・・でも、4月に転勤はありませんでした。ほっ。

今も、関西に住んでます。今度の4月はどうなることか???

通信簿のこと「あゆみ」というのはうちの息子の小学校だけではないのですね。

哀ちゃんの出番が多くていろんなバリエーションの声が聞けてラッキーなお話でした。
哀ちゃんが転校してから一度も「あゆみ」をもらってないのかしら?

音楽室の黒板。5線じゃないよ!補助線まで書いてあるの?単なる間違い?

小林先生、あんたの勝ちだぜ・・・
音楽が銀翼の奇術師(マジシャン)で、無事に着陸した時の安堵の気持ちが思い出されて、ほっとすると同時に、小林先生みたいな生徒思いの先生に見守られて子供達も幸せだな!子供は子供なりに、先生は先生なりに、これからもいろいろあるけど頑張って・・・と、ぐっと来てしまうのです。

何回見ても・・・私って単純。

白い雪の歌を三人でいつも歌ってお別れするのだけれど、最後が1オクターブ高くなかっただけで、おかあさん違う!ぎゃー!です。

***************
光彦:次回も感動路線ですね。
元太:どこ走ってんだ?その電車。
光彦;もう乗り切れません。
***************

53巻
作画監督:小林勝利


全タイトルを表示できます
YouTube since 2010
1,000,000 views 2016
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -